皮脂の役割

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

皮脂の役割とはどのようなものがあるのでしょうか。また皮脂はニキビにとって悪い影響を及ぼすのでしょうか。紹介します。

ニキビの予防をするうえで悪者にされてしまう皮脂になりますが、皮脂は肌の健康を保つために必要なものです。皮脂で作られた皮脂膜は外部からの刺激を守るための最初のバリアという役割を持っています

洗顔それではこのような皮脂を落としてしまうとどうなってしまうのでしょうか。皮脂を落としてしまうことによってバリアが亡くなってしまうので防御力がなくなってしまいます。そのようなことから皮脂を落としたいがために、洗顔をするときに顔をゴシゴシ洗っていた人は洗顔方法を見直さなければいけません。

しかしながら過剰な皮脂が分泌されるとニキビの原因になってしまいます。どのようなことが原因で皮脂が大量に分泌されてしまうのでしょうか。色々な原因がありますが、中でもストレスがニキビの原因としてあげられます。ストレスで交感神経が優位になってしまうと、皮脂過剰を招くだけでなく、角質の柔軟性を失わせてしまい肌の角栓を誘発する作用があります。ニキビが発生するメカニズムは角栓で詰まった毛穴に皮脂が流れ込むことによって発生するものなのでニキビの予防を考える上で皮脂との付き合い方が大事になるだけでなく、ストレスとの付き合い方も重要になるでしょう。

 

化粧品でニキビをケア

ニキビ予防をするためには色々な化粧品があります。その中でも皮脂のケアをするのにはどうすればよいのでしょうか。また化粧品を使う時に気をつけるポイントはあるのでしょうか。すべての肌をケアする基本は保湿になっています。ニキビの例でも保湿をして乾燥をさせないことが肌トラブルを未然にふせいでくれます。

化粧品化粧品を選ぶ時に覚えておかなければいけないのは、化粧品の中には油分が入っていることです。油分は皮脂と同じようにニキビの原因になることもあります。そのようなことからニキビのことで気になる時には油分が控え目の化粧品にするようにしましょう。

また洗顔した後の肌は乾燥しやすい状態になっています。そのようなことから化粧水などで肌にうるおいを与えることが大切です。肌にうるおいをあたえることによって角質がやわらかくなり、毛穴に皮脂がつまりにくくなります。

ニキビ対策の化粧品選びは年齢によっても違うことに注意が必要です。10代のうちの思春期ニキビは皮脂の増加が主な理由になりますが、20代以降になると体内バランスも関係してきます。そのようなことから自分の肌に合わせた化粧品を選ぶだけではなく、自分の年齢を考えた上で正しい化粧品選びをすることが大切になります